碧と雲

映画 紅茶 珈琲 温度 音楽 オンナノコ

26°の視線


よくわからないハッピーと
多忙な日々に溺れています
お久しぶりで御座います


忙しさの中に幸せがあるから息が出来る
新しいことの中に発見がある
大変でも学びだと思うから乗り越えられる


これって本当に幸せなことかなと思います
常に、常に自らを
NEWversionの私にアップデート


私はね

多分周りの友だちと比べて
少し特異な環境にいます
迷える道をなんとか歩いた、
そんな時期も確かにあったけど
私はそれでも本当に恵まれてるなと感じる


辛いっちゃ辛い、とかじゃなく
ぐぅぅぅう、つらい…って(笑)、
声出ちゃうような時もあって

でも今はそんなことも全部超えて
受け入れて挑んで許して

そういうことができるくらいには
足跡つけて道を作ったと思います

そのくらいは言わせてほしい、みたいなね

(笑)

あ〜大人になれたのかなあ
そういう経験を踏むってことで
たとえちょっぴりだとしても
成熟できたのかなあ



なんて贅沢だ



「挫けてたまるか」って
知らぬ間に心の中の口癖でした

(今日の私は一体何を語ってるんだろ…)

世間に「あいつへこたれた」という
認定をされるよりも
圧倒的に悔しいのは
「私はこの程度だ」と認めること

一生変わらないと思います


そりゃ弱気にもなるけれど
耐えられなかった痛みは今のところない


自分が思うよりもへなちょこじゃないよ

あぁ 今日も夕日がきれい、



私は生まれ変わっても絶対に
おんなのこがいいんです
絶対に、ぜっっったいゆずれないとこ。(笑)

男心がわからなくてぐるぐるしたり
男の人特有のカッコよさに憧れたり
色々あるけどね、
そんなの身をもって知らなくたっていいの


知らないから世の中面白くまわる


つけ直した赤いリップ、
右の親指でなぞってけだるく笑う


幸せの話


🐋