碧と雲

映画 紅茶 珈琲 温度 音楽 オンナノコ

瞼の影と重み


お腹痛いです。
お昼頃にお菓子を食べ過ぎたからか
水分取りすぎたからか
はたまた鳴らない携帯握りしめてるからか
理由はわからないですが


スイッチ。

今日妹とスイッチの話をしました
物事のタイミングを逃して
それを良しとしたまま
時間の波に乗っていると、
ついにスイッチの入れ方が
わからなくなる、って話



わかりにくい物言いかもしれないけど
どんなことも、意識しているうちは
途中で止めようとも
すぐにパチッとスイッチいれて
同じように繰り返すことができる

要は、身体が覚えてるから
簡単に○○脳になれる(好きに当てはめて)


まぁいいやって放っておくうちに
今までどんな風にスイッチを入れてたのか
更に言えばそのスイッチが
どんな力を生むのか、
何のスイッチなのか

わからなくなってしまうなって
私常々思ってます、伝わりにくいね



私はすでに1つ
どうしたらいいのかわからないものを
抱えていて

そのもの自体は大きな問題ではないのに
今の状況を俯瞰で見て、

もう2度と、スイッチを簡単に入れられた
あの頃みたいにはなれないかなって
考えて、少しへこむ


多分、そんなことはないけど。


世の中のものに正解があるだなんて
これっぽっちも思わない
だけど何かに縋りたくて
答えはここにあるよって
言って欲しい時も、あるじゃないですか


この道歩きたかったんでしょう?おいでよ

そんな啓示があればいいのにって
寂しさに似た感情覚えながら
願う夜だってあります


頭でっかちな、私
渡る世間に鬼はなし、まぁ、ないけど
なくないじゃないの、



なにもないよ、何もないの
何もないけど胃は痛むの

寂しくてキリキリとする
遠くの見えない星
私には見えない


でも眠る、今夜も明日も明後日も


🐋