碧と雲

映画 紅茶 珈琲 温度 音楽 オンナノコ

moment


暑い日が続いても何かしらの理由で
外を歩くことになる
じわじわと降るような包むような
まとわりつくような暑さの中
目的を果たすために
顔に描いた作品を汗で崩しながら
何とか歩いています


家から最寄り駅までですでに汗
でもそれ以外の暑さに関しては
あまり不快になりません
自分でもよくわからないけど、
色んなことを考えるきっかけになる

私が好きなものについて、
もっと知りたいものについて
1から10まで調べ尽くしたい
そんな気持ちになる


基本的に少しでも心惹かれると
どれだけ細かろうと
線で繋げられそうなものは全て
調べてしまいます
私の癖なんだと思う、良くも悪くも


対象が人であろうと物事であろうと
それは変わりません


分かりやすいから人で説明すると
「好きな人の好きなものまで知りたい」
って思うからです
思うゆえの行動です


めずらしく恋愛の話をしたいと思います
私は付き合って重たくなるタイプではない
むしろ重さが足りなくて
相手を不安にさせると思う
好きって気持ちは間違いなくあるんだけど
表出するのは恐ろしく下手です

下手な自分もすごく嫌で
なのに頭でばっかり考えてしまう
ぐるぐるしてるうちに
上手くいかなくなります(一方的に)


調べ尽くす、と上述したけれど
ストーカーはしません
そんなの幸せになれないもん
そもそも依存しないから
そんなことは必要ないんです


矛盾してるかなあ


やきもちは、
焼く方じゃない、ってことにしてます
あんまり焼かないのは本当だけど

私はね、寂しい気持ちに浸ることで
自分の恋心を高めてしまう
あまりよくないよねこれ
だからつまりヤキモチも
恋愛を面白くさせてるなって
勝手にスパイス扱いします


まるで余裕ばかりの恋愛してるような
話になってきてますが
勿論そんなことはありません
好きで、切なくて、むかついちゃう
そんな瞬間は私も自分を持て余す

逃したい気持ちばかりが
胸に詰まって、どこにも行けない
そんな時があります



気づいてよってこと、言えなくて
自爆していくばかりの想い
孤独感ばかり掻き立てて
後悔もたくさんしました
強がりだけは本当に得意でやんなっちゃう


甘えたい、甘えたい気持ち
私の中にもあるんだよ
肩によりかかって呼吸がしたい
そんな日もあるってこと
どれだけ届けられなかっただろう

頑張ろうね女の子
発信は、苦手だけど




もっともっと可愛くなりたい
可愛く、の意味は
もう私の中でかなり多義的
多分私の中にしかない意味

本当に可愛くなりたい


そして優しくなりたい、優しくしたい


🐋